吉野杉製材所

高橋商店

吉野杉製材所

吉野杉の等級について

吉野杉の等級について

フローリングの板材構造材として使われる吉野杉には、「等級」があることをご存知でしょうか?一般的に節が少ないと言われている吉野杉ですが、この節の入り方によって4つの等級に分けられます。

◆節あり

「特一等」とも呼ばれる節ありは、大きな節や詰節がいくつも見られます。節には木ならではの雰囲気や味わいが出やすいため、木の表情が活かせる床板や壁板・造作材などに使われることが多い木材です。節が多いからと言って強度には何ら問題ありません。他の木材と比べて上質でありながら、コストパフォーマンスが良いことも魅力の一つです。

◆小節・上小節

小節には直径約25mm以下の小さな節が多く見られ、上小節には直径約10mm以下の節が点々とあります。節の数は1mに1つ程度と、節ありと比べて少ないのが特徴です。化粧面に点々とある節が良いアクセントとなって、木の良さを引き出しています。「大きい節は少ないほうがいいけど、木の良さは感じたい」という方におすすめです。

◆特選上小節

特選上小節には、直径約6mm以下の節が点在していますが、パッと見ただけでは節がどこにあるのか分からないほど節が小さく少ないのが特徴です。フローリングの板材やふすまなどの建具材に使用すると部屋がスッキリと見え、杉の美しい白さを引き立てることができます。

◆無節

「無地」とも呼ばれる無節は、吉野杉の等級の中で最もグレードが高く、節がまったくない滑らかで綺麗な印象の木材です。強度も高く仕上がりも美しいため、フローリングや壁材はもちろん、家具の素材にもピッタリです。色合いや木目を統一したいという時に適した木材です。

◆フローリング材購入ページへ




■ 木材を使用した住宅の魅力
  • 高橋商店は、吉野杉専門の製材所です。製材所では、節ありの木材から無節、赤と白のコントラストが綺麗な源平材、赤身材まで幅広く製材しています。自信を持っておすすめできる良い素材だけを製材・在庫管理していますので、「建築で吉野杉を使用したい」「吉野杉を扱っている製材所を探している」という方はぜひ高橋商店までご連絡ください。